このエントリーをはてなブックマークに追加

発音のマスター

日本人が英会話の勉強をする時に、壁にぶち当たることも多々あるでしょう。
その中でも多くの人が経験することとして、発音の壁があります。
なかなかネイティブに発音することができないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

その中でよく聞かれることは「rとlの発音の区別が付かない」という点です。

rightもlightも、日本語では同じライトになってしまうという話は、多くの人が知っていると思います。
しかしrとlの発音がうまくできなかったとしても、英文を全体的に発音する中では、さして重要なことではありません。
このような細かな所で、ガチガチに足かせを付けてしまうと、なかなか語学の進歩が期待できなくなります。
英会話のスキルを上達するためには、発音も確かに重要ではあります。
しかしむしろどこを強調するのか、どのようなイントネーションで話をするのかの方がはるかの重要です。

強調する部分をイントネーションの仕方をきちんとマスターすることができれば、一つ一つの単語の発音が完璧かどうかは、さほど重要ではなくなります。
海外旅行をした時に英語を話して、相手に「え??とやられてしまったことはありませんか?

これは、あなたの英単語の発音の仕方に問題があると思っている人も多いでしょう。
しかし実は英単語の発音に問題があるのではなく、イントネーションやストレスの仕方がおかしいから、相手が聞き取れないことが多いです。

英語で普段会話している人からしてみると、イントネーションがかけ離れていると言っていることが分からなくなってしまいます。
「私は忙しい」という日本語があったとします。
通常は「私は、忙しい」と発音をします。
これをあえて「わたしはい、そがしい」のような区切りで発音してみましょう。
このように文章の区切りを少し変えただけでも、日本人が聞いて「え??となるはずです。

このようにイントネーションとどこで抑揚を付けるのかが間違っていると、英単語の発音があっていたとしても、相手は聞き取れなくなってしまうのです。

逆に多少英単語の発音が怪しかったとしても、イントネーションがきちんとしていれば、相手はきちんと理解してくれます。
もし語学の勉強をする時に、英単語の発音の仕方にナーバスになっていると、イントネーションなどももっと重要なことがおろそかになってしまいます。
イントネーションを理解するためには、英単語ではなく、英文できく習慣を付けることが重要です。

Copyright (C)2017効果に期待!語学トレーニング.All rights reserved.