このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法の学習

英文法もマスターしておかないと、語学の上達を望むことはできません。
しかし英文法と聞いただけで拒絶反応してしまう人も多いようです。

確かに英文法を見てみると、過去完了とか現在完了と言った、普通の生活では聞き慣れない言葉がよく出てくることがあります。
このため、英文法の種類を聞いただけで、自分には分からないと思いこんでしまう人もいるのではないでしょうか?

しかし英文法の勉強をする時には、もっと気軽にとらえてみても良いのではないでしょうか?

例えば上で紹介した現在完了についてですが、いちいち会話をする時に「これは現在完了形で返して…」と頭の中で考えることはありません。
野球の練習をする時、ピッチングのトレーニングをする時に「まず足を挙げてそこから肩を後ろに持っていきボールを投げだす」と頭で考えて行っているでしょうか?

まずは身体を動かすことが重要です。

英文法の練習についても同様で、テキストを見て構文やそれぞれの文法の説明を頭の中に入れる必要はありません。
とにかくたくさん英会話を聞いて、それをしゃべる練習を繰り返していきましょう。
ピッチング練習も、例えばシンカーをマスターする時にシンカーの構造を理解する必要はありませんね?

とにかくシンカーの握りで投球し続けて、きちんとした球を投げられるようにするために投球動作を繰り返すはずです。

それと同じで、いろいろな構文を聞いてしゃべる練習を反復練習しましょう。
そうすると、そのようなシチュエーションの話になった時に、自然に頭の中に覚えた情報が出てきます。
これが語学をマスターするなかで重要なのです。

例えば、現在完了とか過去完了と聞いただけで拒絶反応が出てしまう人も多いでしょう。
しかし現在完了とか過去完了と言った言葉自体を勉強するのではなく、現在完了形や過去完了形を使った英文を繰り返し耳にしましょう。
そうすれば、現在完了とか過去完了の具体的にシステムは知らなくても、英文は自然と頭の中に入ってくるはずです。

後は中に入っている単語を取りかえれば、いろいろな表現を現在完了や過去完了を使って表現することができます。
現在完了とか過去完了自体を覚えるのではなく、現在完了や過去完了形の音を繰り返し聞いて覚えるようにしましょう。
むしろこのようなトレーニングをした方が、実践的な英会話をマスターすることができます。
習うより慣れろという言葉があるかと思います。
まさに語学のスキルアップをするためには、習うより慣れろなのです。

Copyright (C)2017効果に期待!語学トレーニング.All rights reserved.