このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語と日常会話

しっかりと英語の勉強をしているにもかかわらず、いざ社会人になってみると語学が全く身についていないことに気付くケースも多いのではないでしょうか?

なぜあれだけ勉強にしてにもかかわらず、語学のスキルが身に付かないかと言うと、受験英語の勉強をしているからです。

おそらく学生時代英語の勉強をするモチベーションは、以下のようなものが多いのではないでしょうか?

受験で合格するために良い点数を取りたいから勉強をしている、英語の生成気を挙げるためと言った理由の人が多いでしょう。
このようなモチベーションで英語の勉強をすることになると、例えば英単語集を頭から丸暗記をするような勉強法になってしまいます。
他にも教科書などの英文を見て、傍らに辞書を置きながら読み取りをすることに重点を置いた勉強になるでしょう。
これらでも英語の理解を深めることはできます。
しかし上で紹介した勉強法しかやっていないとなると、なかなか英会話のスキルを上達させることは難しくなります。
英会話を相手に話を聞いて理解し、それに対応した言葉で話さないと会話は成立しません。
会話はキャッチボールと言いますが、いちいち相手に話を聞かれて、辞書などを使って調べていたのでは、なかなかキャッチボール自体が成立しなくなってしまいます。
英語の読み書きと、英語を話せるようになるための練習は全く異なると思って下さい。
では英会話の語学を上達させるにはどのような練習をすればいいのでしょうか?

まず英語の勉強をする時に、英語をそのまま理解するトレーニングをする必要があります。
英語を日本語に転換するなどの作業をしていると、どうしてもすぐに切り返しができなくなってしまいます。
直観力を養わないと、すぐに答えを切り返すことも難しくなります。
直観力ですが、ビデオや画像と言ったビジュアル的なものを活用して養うことができます。
また練習を繰り返すことも重要です。

何度でも同じ英文を聞き返して、そしてその発音の練習をしていきましょう。
そうすることで、記憶がしっかりと定着するようになります。
学校で勉強してきた英語とは、少しトレーニングのやり方が違うと感じる人もいるでしょう。
受験のための英語と日常の英会話とでは、同じ語学でも異なる所がたくさんあります。
その違いをきちんと意識して英会話のトレーニングをすれば、決して日本人でも語学のスキルが上がらないことはないのです。

英会話を話したいのであれば、今までの学習の仕方を見直しましょう。
Copyright (C)2017効果に期待!語学トレーニング.All rights reserved.